FC2ブログ

Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

動物取扱業第一種と二種の違いを徹底解説!

category - 未分類
2017/ 08/ 16
                 
こんばんは!


お久しぶりです^^


今日は動物取扱業について詳しく説明したいと思います!

maxresdefault_convert_20170816020221.jpg

動物に関与する仕事に就きたい!
独立して自分のお店を出したい!


と、思ったことがある人は意外と多いと思います^^


僕自身もその一人です!


皆さんも一度はインターネットで

「動物 経営」等で調べたことあると思うんです。


調べてみると、、、


動物のお店を経営するには
‘動物取扱業‘が必要です。


と、書かれている思います!


そこで、「動物取扱業とはいったいなんやねん?!」


という、皆様の疑問を解決するべくこの記事を書いています!
少しでも役に立てればと思っています♪


まず、動物取扱業には二種類あります。
・第一種動物取扱業
・第二種動物取扱業
があります。


分かりやすく説明します!
後に詳しく書いていきます^^


◎第一種動物取扱業は、
その行う業に、お金の取引がある場合には絶対必要です。


◎第二種動物取扱業は、
非営利で動物の譲渡や保管、展示を行う場合に必要です。

違う点は

・金銭の取引の有無
・第一種はその都道県に‘登録‘が必要
・第二種はその都道府県に‘届け出‘必要


となります。

ここから詳しく説明していきます~^^

第一種動物取扱業は

動物の
販売、保管、貸出、訓練、展示,競りあっせん業,譲受飼養業
を、業として行う場合にその都道府県の担当部署(保健所など)に
登録が必要です。


登録を受けた動物取扱業者には、
・動物取扱責任者の選任
・都道府県知事が行う研修会の受講
が、義務づけられています。


「動物取扱責任者」っていまいち意味が分からない!
という方が多いと思います!

動物取扱責任者とは、
動物の取り扱いについて正しい知識を持つ人。です!


じゃあ、どうしたら動物取扱業者になれるかと言いますと、
この3つの要件を満たす必要があります。


・半年以上の実務経験
・教育機関を卒業している
・資格を持っている
必要資格一覧


この要件のどれか一つを満たさなければなりません。

そして、
お店の各部署に動物取扱責任者のを一人以上設置したらOK!ということです^^


第一種動物取扱業は、登録するときに
登録申請書を提出します。(審査があります)


その内容は、
事業所の情報や、業種や、取り扱う動物、
飼養施設の細かい情報等の記載が必要です。


環境省のページを参考にしてください。


提出して審査が通れば、晴れて第一種動物取扱業者になったぞ!!


ということになります♪




第二種動物取扱業は、
愛護団体やボランティア活動などよる


無償の譲渡、展示、保管などです!


第二種は、最初にも言いましたが、
登録ではなく届け出です。


一種と似たような内容の届け出書を提出する必要があります!


扱う動物の頭数等によって、
第二種動物取扱業が必要か否かが変わってきますので
多くの頭数を取り扱う場合は
調べて確認したうえで行いましょう。


他にわからないことや質問があれば
わかる範囲で答えますので
どしどしコメント送ってください^^


では、今日はこの辺で
動物取扱業の説明を終わります!


最後まで見てくれた方ありがとうございました♪
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。